尖圭コンジローマは性交渉からの感染のリスクが高く、イボができる病気です。あまり痛みを伴う場合がないので軽視する人も多いのですが、早めに対処することが大切です。大切な人との性交渉で相手を傷つけないように。当サイトを参考にしてください。

尖圭コンジローマと誤診される生理現象

女性の医師

尖圭コンジローマとは性感染症の一つでイボのようなものを形成します。
しかし、尖圭コンジローマの症状に似た生理現象があり、誤診される生理現象が男女にそれぞれあります。
まず男性の場合は、男性器の亀頭の部分にフォアダイスと呼ばれるイボのような物ができる症状があります。
しかしながら、全く害のない生理現象になります。

女性の場合は女性器周辺にできる前庭部乳頭を誤診されることがあります。

男女共に誤診される生理現象については治療することはありませんが、気になる場合は医療機関で治療を行ってくれます。
通常は、自然治癒する場合が多いです。
しかし、尖圭コンジローマは性病であり、悪化すると大変なことになる場合もあるので、疑いを持ったら早めに医療機関を受診することが大切です。
インターネットには、尖圭コンジローマなどの性病に関する情報や誤診される生理現象の紹介もされているので、症状で気になった際には参考にすることができます。
さらに対応している医療機関についても比較サイトや口コミサイトでも紹介されています。
また、尖圭コンジローマを含めた症状の解説や注意点、実際に治療を受けた方の口コミも掲載されているので参考にすることができます。