尖圭コンジローマは性交渉からの感染のリスクが高く、イボができる病気です。あまり痛みを伴う場合がないので軽視する人も多いのですが、早めに対処することが大切です。大切な人との性交渉で相手を傷つけないように。当サイトを参考にしてください。

再発率の低い性病

性病にはいろんな種類がありますが、その中でも再発率の低い性病があります。
その1つが性器や肛門、大腿、まれに口唇、口腔内などにイボのようなものができる病気です。
この病気は良性の病変で、悪性はほとんどありません。
1、2か月ほどは潜伏期間があり、そのうち陰部に先がとがったイボができるようになります。
痛みやかゆみがありませんので自覚していることはあまりありません。
ただ最初のイボができてからは次々とイボが増殖していきます。
サウナや公衆浴場でうつってしまうこともあります。
自覚がない場合が多いので、感染から1年ほど経て自然治癒するケースがあります。
この病気かどうかを調べるためには局所麻酔をして組織を採取し、病理診断を行います。
治療は視診できるものしかできませんが、外科手術と薬剤治療があります。
自然治癒することがあるとはいえ、パートナーに感染させてしまうこともありますのでその病気かと疑われる場合は早めに受診したほうがいいです。
この病気は確実に治療をすれば再発する確率は低いので、まずはとにかく産婦人科や皮膚科、泌尿器科などに相談してみるのが良いです。
完治するまでは時間が必要となることがあります。
完治は症状がなくなって病変が消え、半年以上その状態が持続されれば完治とされます。